• 2017_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_12

心と体のアンチエイジング~10年後20年後の自分のために~

心と体のアンチエイジングを人生のテーマに掲げ毎日の生活を楽しむ働く主婦の日記


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年の目標

  1. 2016/01/05(火) 20:50:51|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2



心と体のアンチエイジング
~10年後20年後の自分のために~
ともみのブログにご訪問いただきまして、
ありがとうございます♡



私は毎年、その1年の目標を立てます。


今年の目標は、
昨年の12月20日頃に明確に洗い出し、
今年使うノートに書き出しておきました。



今年の目標は、
『なりたい自分になる』



まぁこれは今年に限らず、
ここ数年ずっと目標としていて、
死ぬまでこの目標を掲げ続けると思うのですが、
今年はより具体的に目標を設定してみました。



というのも、昨年頃から、
2016年を境に、今後5年10年のうちに、
日本も経済格差が大きくなり、


いわゆる、食える人と、食えない人に分かれてしまう。


という話が飛び交っていますが、
これは脅しとかではなくて、
本当のことだと思うのです。


なぜかというと、
経済には疎い私でさえ、
大きな経済転換の兆しを感じるからです。



それは、アメリカの地上げ、
2016年の大発会で早々に起こってしまった、
日経平均株価の超値下がり。


アメリカの大統領選挙
ドイツの難民問題


中国の景気後退
石油価格の下落による、
中近東、中南米、ロシアの景気後退



世界的な経済の低迷を感じますよね?



そして、日本のマイナンバー制度の導入、
そう、企業は、社員を抱えていると
社会保障をしなくてはいけません。


それを徹底的に義務付けるのが、
マイナンバー制度の目的の1つだと言われていますよね?


なので、中小企業で国民保健のまま
社員を就業させている会社は、
ズラズラと倒産するのでは?
とも予測されています。



さらに、中小企業だけではなく、
シャープや東芝、イオン、ワタミ、楽天などの、
一部上場企業もかなり不穏な気配です。



それとは逆に、
セブンイレブン、ケンタッキー、
日立、クロネコヤマトなどは、
さらに発展する兆しが見えていますよね?



この様に、大企業でさえ明暗がはっきりと分かれて、
経済格差が大きく開いてしまうのだから、
当然、個人の経済格差だって、
大きくなりますよね??



なので今後5年10年の間に、
食いっパクれない力を自分に蓄えるために、
今年の目標を設定しました。



その目標を細かく書き出すと。。。


【2016年の目標】


〝なりたい自分になる〝


そのために行動すること

<日常生活>
・朝5時に起きて8時までには出社する
・週に4日は運動する
・1回1時間は運動する
・体重を50kg(BMI18)まで落とす
・体内年齢を35歳(実年齢の-10歳)にする


<仕事>
・卑屈にならない
・貪欲に稼ぐ
・平日は1日2時間は新たな収入の柱の構築に取り組む
・完全週休2日制を実現する


<金銭>
・無駄な浪費をしない
・肉体的、金銭的にも外食は控える
・将来のために貯金をする


<人間関係>
・怯えない
・後ろめたいことをしない
・人には平等に接する


<夫婦関係>
・笑顔を忘れない
・言葉遣いに注意する
・感謝の気持ちを忘れずにきちんと夫に伝える


以上が私の今年の目標です。


当たり前な目標も、
かなり『?』と思う目標もあるかと思いますが、


1日の終わりに目標に対する行動を振り返ることで、
目標達成率80%を目指します。


そうすれば、昨年の10月に立てた、
私の夢を実現するための目標も、
達成できると信じているし、


その目標を達成することが出来れば、
5年先、10年先も食っていけるという、
自信が持てるからです。



なので今年は、
目標達成率を80%まで高めるために、
1日のスケジュールも見直してみました。


【1日のスケジュール】

05時:起床
08時:出社
〈昼食〉お握りと味噌汁
19時:退社
〈運動〉最低でも1時間
22時:帰宅
〈夕食〉野菜とタンパク質中心
23時:就寝


当然、仕事の都合やプライベートの約束、
自分の体調などによって、毎日必ず
スケジュール通りの生活は出来ませんが、

こうしてスケジュールを立てることにより、
自分の意識が変わりますし、


このスケジュールに沿って生活すれば、
目標である完全週休2日制も達成できますし、
体重と体型の管理にも繋がります。


さらに、睡眠時間を6時間確保できるため、
体力だって上がるでしょうし、
健康管理にもなりますよね。


まぁ問題は夕食の時間が遅いことなので、
本当であれば、運動前に夕食を済ませるのが
望ましいとは分かっているのですが、

それだと私のストレス解消法の1つである、
晩酌が出来なくなってしまうため、
長続きしないだろうと予想したので、
あえてこのスケジュールにしました。


そう、完璧を求め過ぎると、
挫折しやすくなりますからね。


なのであえて緩めるところは緩めて、
昨年の10月に明確にした自分の夢を、
最低でも5年間は維持して、実現するために、


毎日のスケジュールを少しでも守るところから始め、
本日職場の個人面談で言い渡された、
月単位の売上目標100万円アップも、
達成していく所存なのです。



かなり厳しいとは思いますが、
これも自分の夢の実現のため、
けっぱるじょ~↑↑



最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました^^



あなたの応援が更新の励みになります!
↓ポチッとすると今の順位が分かります^^
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

↓こっちは何位かな?^^

人気ブログランキングへ

ピーチクパーチクつぶやいています!
お気軽にフォローしてくださいな^^
【ともみのTwitter】

猫バカ全開です!^^;
【ともみのInstagram】


スポンサーサイト

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ


貧困の連鎖を断ち切るために必要な事

  1. 2015/12/02(水) 05:02:11|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



心と体のアンチエイジング
~10年後20年後の自分のために~
ともみのブログにご訪問いただきまして、
ありがとうございます♡



今日は、あなたに見ていただきたい情報があり、
久し振りにブログを更新するために、
この記事を書いています。



というのも、私は子供の頃、
強く疑問に思っていたのです。


「どうして勉強しなくちゃいけないのか?」


「どうしてスポーツしなくちゃいけないのか?」


「どうしてやり始めた習い事は途中で止めちゃいけないのか?」


「自分の力で生きていける大人になれって言うけど、
 どんなスキルを身に付けて、どんな職業に就いたら、
 自分の力で生きていけるようになるのか?」


「自分の進路は自分で決めろって言うけど、
 どの進路を選んだら、自分の力で生きていけるようになるのか?」


それを周りの大人にいくら聞いても、
誰も教えてくれませんでした。



なので、社会に出る前に、
もっと専門的な知識を身に付けたくて、
大学への進学を希望しました。


高校の先生も進学を強く勧めてくれましたが、
家庭の経済事情から進学は叶いませんでした。



それに親からは、
「早く社会に出て真面目に働け」としか
言ってもらえませんでした。


それは、私の親が、
その経験しかしていないからです。



中学を卒業して、地方から旭川に出てきて、
住み込みで働き、すぐに結婚・出産をして、
長い間専業主婦を経験し、


その後離婚して、
経済的に非常に困窮した状態になっても、
『真面目に働く』しか生きていく術がなく、


その生活から抜け出せる、
情報を知らなかったからです。



ですから私は、高校を卒業すると同時に、
親の勧めもあり、経理事務として就職しましたが、
事務職では経済的に自立することが難しいと分かり、
すぐに辞めて転職しました。


当然、親や親せきには猛反対されましたし、


「すぐに仕事を辞めるなんてロクなもんじゃない」

「何のために高校に行かせてやったんだ」と、


散々な言われようでしたが、
私は経済的に自立するのが難しい仕事に、
真剣に取り組むことが出来ませんでしたし、


それどころか、
「どうして自分の力で生きていけと言いながら、
 事務職に就くことを勧めたんだろう?」と、
親を恨みました。



それから、経済的に自立して、
自分の責任で生きていけるようになるまで、
様々な苦労を経験しました。


その苦労は決して無駄ではないと思いますが、
子供の頃、私の周りにいた大人が、
この動画のようなことを考えたり、知っていれば、
私の人生は大きく変わっていたかもしれません。






そう、子供の貧困は親の責任、
そして貧困は親から子へと連鎖します。




その連鎖を断ち切るためには、
まずは情報に触れ、知識を持つこと。


そして知識を基に経験を積むこと。


経験という、
いつ何時、誰からも決して奪われることのない、
自分だけの資産を構築すること。



これが、貧困の連鎖を断ち切る、
唯一の方法だと思います。



ですが、貧困な親に、貧困な状態で育てられた子供が、
それを自分の力で成し遂げるのは、
本当に大変なことです。


私があのまま、
事務職を続けて、経済的に自立できずに、
社会人になっても親元で暮らしていたら。。。


そう考えるだけでもゾッとしてしまいますが、
それが貧困が断ち切れない現実なのです。



だからまずは大人が情報に触れ、知識を持ち、
子供達を導いてあげなくてはいけませんよね。



それに今の世の中は、
私が学生だった頃とは違い、
良い学校に入って、良い会社に就職して、
真面目に働いていれば生きていける。




そんな生易しい時代ではありません。




あなたのお子さんや、
あなたの周りにいるお子さんが、
将来を悲観せず、伸び伸びと生きていけるように、


まずはあなたが、情報に触れてくださいね^^



あなたの応援が更新の励みになります!
↓ポチッとすると今の順位が分かります^^
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

↓こっちは何位かな?^^

人気ブログランキングへ

ピーチクパーチクつぶやいています!
お気軽にフォローしてくださいな^^
【ともみのTwitter】

猫バカ全開です!^^;
【ともみのInstagram】


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ


健康についてつくづく考える日々

  1. 2015/11/05(木) 13:39:05|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



心と体のアンチエイジング
~10年後20年後の自分のために~
ともみのブログにご訪問いただきまして、
ありがとうございます♡



今日から1ヶ月後にせまった健康診断に向けて、
ダイエットを強化しようと誓った矢先、

職場で皆で出前を取ることになり、
全員同じメニューを注文したため、
カツ丼セットなんてW炭水化物+揚げ物を食べ、
早くも挫折感を味わっている午後、



友人からピロリン♪と、
メッセージが届いた!



メッセージをくれた彼は、
私達夫婦と同い年で、共通の友人も多く、
なにかと私達夫婦もお世話になっているのね。


その彼が今年の2月頃、
体調の異変を感じて検査を受けたところ、
潰瘍性大腸炎と診断され、治療を続けているんだけど、


思うように症状が改善せず、

一時は入院治療もしてみたものの、
ここ最近また状態が良くないらしく、
入院治療を勧められているようだ。



でも彼は自営業、
彼自身と従業員1人
それに彼のお父さんに手伝ってもらって、
なんとか会社を切り盛りしている状態


前回の入院の時も、
病院から従業員に指示を出しながら、
なんとか仕事をこなしていたみたいだし、


入院期間も大幅に前倒しして、
退院してるんだよね。


だから今回も入院は避けたいといっているし、
正直なところ、入院している場合じゃないのかな?



側で支えてくれる伴侶がいれば、
まだ心強いんだろうけど。。。と考えてみたり。。。


でもまだ独身だから、
家族の心配まではしなくて良いのか。。。と考えてみたり。。。


私がいくら考えたところで、
病気を代わってあげることは出来ないし、
私が力になれることなんてそうはないんだろうけど、


でもね、去年の夫の脳梗塞といい、
私の膵臓の腫瘍といい、
決して他人ごとではない。



病気になると、
誰だって心が弱くなって、


「なんで私なんだろう?」

「なにも悪いことしてないのに。。。」


そんな風に卑屈になってしまうんだよね。

私も生き死ににかかわる病気もしたし、
後遺症もあるから、そういう気持ちはよく分かる。



でもね、なんとか彼には病気を乗り越えてもらいたい。



そして私達夫婦も、
もっと健康に気を付けなくちゃね。


夫婦お互いの健康は、
夫婦共有の大切な資産なのだから。



そして私の目下の課題は、
1ヶ月後にせまった健康診断までに、
痩せること!目標は-5kg!!


まぁそれは無茶な目標だと分かってるし、
過ぎたるは及ばざるが如しだからね、
そんなに無理はしないよ。


でも今日からボチボチ歩くことにする。


そして来週はファスティングに挑戦する予定!



今私が痩せたい理由は、
健康診断は勿論なんだけど、
最近のブヨブヨの体型が自分で嫌だから。


自分のことを好きになるために、
『なりたい自分』になるのが目標のダイエット


最終目標のBMI18まで、
ゆるゆるとけっぱろう。



あなたの応援が更新の励みになります!
↓ポチッとすると今の順位が分かります^^
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

↓こっちは何位かな?^^

人気ブログランキングへ

ピーチクパーチクつぶやいています!
お気軽にフォローしてくださいな^^
【ともみのTwitter】

猫バカ全開です!^^;
【ともみのInstagram】


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ


これだもの女性の社会進出や経済的自立が難しいわけだよ!

  1. 2015/10/28(水) 12:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



心と体のアンチエイジング
~10年後20年後の自分のために~
ともみのブログにご訪問いただきまして、
ありがとうございます♡



先週末、2泊3日で東京に行き、
気温差からか風邪を引いてしまい、
ブログの更新が滞ってしまいました。


それに今週いっぱいは忙しいので、
来週までブログを放置しようかと思いましたが、
先日Facebookで気になる投稿を見てしまったため、
こうしてブログを更新しています。



先日私が気になった投稿をそのままコピペすると。。。


Facebookの投稿ここから~~~~~~~~~~~~~

テレビで専業主婦と兼業主婦のこと議論してるけど、
子供の立場のことがまったく議論されてない。

家庭の主役は子供であって、
親は子供のためにせっせと働く動物だべさ。

女性の社会的地位向上なんて言って
子供に淋しいおもいさせては人間失格!

Facebookの投稿ここまで~~~~~~~~~~~~~



この投稿した方は男性で、多分40代

確かに子供の立場を考えないのはどうかと思うけど、

妻は家庭を護って子供を育て、
夫は外に出て家族のために働くって、
完全に時代錯誤というか、「昭和か?!」みたいな??(笑)


でも、これが世の中の一般的な男性の、
一般的な考え方なんだろうな~


だってその証拠に、
同じような年代、もしくはそれより年上と思われる男性から、
この投稿に賛同する次のようなコメントが入ってたからね。


「まさにその通りです。」


「やることやれてから言ってよね(笑)
こういう女性と一緒になって失敗したよ。
俗世論に振り回されてる事わからないおバカさん」


そのコメントに投稿者は、
「俗世論に流されるのが女性の仕事でしょう(^^;)」とか、


「オイラの母上も専業主婦で、
学校から帰ると母ちゃんがいて、暖かい家があって。。。」


なんてコメントを返しているのよ。



まぁね、夫がサイボーグかなんかで、
何があっても、ずっと子供と妻のために働き続けられるなら、
それでも問題はないのかもしれないけれど、


夫が働けなくなったらどうするの?


生活が行き詰ってしまったら、
それこそ子供が一番被害をこうむるんじゃないの??


それとも、夫が働けなくなったら、
その時は夫が家事と育児をして、
妻が外で働くの???


結婚後、一旦職場を離れた女性が、
そんなに簡単に一家を支えるだけの収入を
得られると思っているの?!



私はこの投稿を見て、
そう思ってしまったわけ。



それに女性だってなにも、
最初から社会的地位の向上を訴えたいわけではなく、
ただ、女性であっても、結婚しても、出産しても、
働いて経済的に自立したいっていうことでしょ?


でも、その考えを受け入れない男性が多いから、
『女性の社会的地位の向上』とかいう、
大袈裟な議論に発展するんじゃないかな?



このブログには何度も書いているけど、
人は精神的自立だけでなく、経済的自立が必要だし、


女性だって当然だけど、
働き続けなければ生きてはいけないのよね。


さらに結婚するということは、
万が一夫が働けなくなった時は、
夫と子供を食わせていかなくちゃならないでしょ?


それが結婚の責任だと思うのよ。



だけど、現実的に女性が、
一家を食わしていくだけの収入を得るのは、
とても大変なことだと思うし、難しいよね。


だって、男女雇用機会均等法が制定されてから、
約30年経った現在でも、女性の収入は
男性の約半分しかないのはデータが証明済み、



だから、『女性の社会的地位の向上』や、
『男女の平等』という話になるのよね。



なのに世の中の大半の人は、
「女性は働かなくていい」とか、
「家計の足し程度に働けばいい」という
感覚なんだろうな。



でも現実の社会はそうじゃない!



男性だって非正規雇用の人が多くなっているし、
いわゆる結婚適齢期といわれる男性の一般的な年収は、
一家の大黒柱として家族を養っていけるほど高くはない。


そう、人の頭の中の考えは変わらなくても、
時代は確実に変わっているのよ。



なのに世の中の大抵の夫は、


「子供が小さいんだから」とか、

「家事が疎かになる」とかいって、


妻の経済的自立に協力的じゃないでしょ?


そうして妻を管理して、
妻自身が自分の生きる道を決断する自由さえ与えない。


それに女性だって、


「離婚されたら困る」とか、

「経済的に自立する自信がない」という理由で、


結局は経済的自立をするための努力をやり遂げないから、
多くの妻が夫の言いなりになっていると思うのよね。


その現実が働く女性の首を絞めていて、
女性自身が女性が働きにくい世の中を助長している。


それが今の世の中だと思う。



こんなことを書くと、
批判を受けるのは覚悟の上だけど、
経済的に自立して働く女性の1人として、
自分の考えを書かずにはいられなかった。



あなたの応援が更新の励みになります!
↓ポチッとすると今の順位が分かります^^
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

↓こっちは何位かな?^^

人気ブログランキングへ

ピーチクパーチクつぶやいています!
お気軽にフォローしてくださいな^^
【ともみのTwitter】

猫バカ全開です!^^;
【ともみのInstagram】


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ


人生の先輩からの貴重なアドバイスで夫婦の新たな人生のテーマが浮かび上がった夜

  1. 2015/10/23(金) 18:55:03|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



心と体のアンチエイジング
~10年後20年後の自分のために~
ともみのブログにご訪問いただきまして、
ありがとうございます♡



昨日は旭川で知らない人はいないと思われる、
不動産業を営む経営者の方に私のお誕生日を
お祝いしていただきました。



その方とは、子供の頃にご縁をいただき、
本当にお世話になったのですが、
様々な事情から会う機会がなくなり、
疎遠になっていました。


ですが、2年前にFacebookでご縁が繋がり、
そして今年の夏、30年以上ぶりに再会して、
その後、その方が立ち上げたボランティア活動に
私も微力ながら参加しているのですが、


先日の私の誕生日に
お祝いのメッセージをいただき、
昨日の誕生会へお誘いいただきました。


会場の手配も自らしてくださり、
「ここは昔から家族で嬉しいことがあると
 必ず来るお店だから」ということで、
三光舎さんにお席を設けていただき、
ゆっくりと楽しい時間を過ごすことが出来ました。


お話しをしている中で、
私の性格の話になり、


「ともちゃんは中身は完全に男性だから、
 仕事をする上では良いかもしれないけど、
 家庭においては十分に注意しなさいよ」


そう言っていただき、
本当に私のことを理解した上で、
心配してくれているのだと感じ、


私達夫婦の話をしたところ、
「本当に良い旦那さんだね」と言って下さり、


更に、「でもね、そうやって理解してくれて、
協力してくれている人でも、絶対に自分の思いがあるから、
その思いをどうやって汲み取って理解してあげるか、
そしてその思いを叶えてあげるかが、
とっても大切なんだからね、
そこを忘れちゃいけないよ」と、
注意して下さいました。



これまで、私達夫婦の関係を
非難する人はいても、ここまで理解して、
更に夫の感情を気遣って下さった人は初めてです!


というのも、我が家は本当に夫婦の思考が逆転していて、
どちらかというと私が大黒柱で、
夫が私をサポートする関係なので、


夫の両親からも、
私の両親からも、
そして周りの友人達からも、


「夫をもっとしっかりさせろ」とか、
「男は甲斐性が無いとダメだ」とか、
これまで様々なことを言われ続けてきました。


ですが、私は最初から結婚に扶養を望んでいませんし、
自分が後悔しない人生を歩みたいという思いは、
どうしても譲ることが出来ません。


なので、「夫に養ってもらいたい」とか、
「高い給料をもらってきて欲しい」とか、
「出世して欲しい」と思ったことがありません。


私が望む理想的な夫婦の関係は、
経済的にも精神的に自立した男女が、
寄り添うことによって+αが生まれる関係


お互いの足りないところを補い合い、
支え合える関係です。


なので、私のやりたいことに反対せず、
見守り支えてくれる夫に感謝しています。


そして、私が自分の人生を
悔いのないものにしたいと思うと同時に、
夫にも悔いのない人生を送ってもらいたいと思っています。



そのため、1点だけ、
少し心配なことがあり、
それが気がかりだったのです。



それは、夫の幸せ



夫は、私が幸せにしていれば、
俺はそれで幸せだと言いますが、
それだけで良いはずがないと思いますし、


必ず夫にも、やりたいことや、
なりたい自分があると思うし、
それを実現して欲しいと思います。


でも、夫は自分の思いを
口にすることはありません。


なので口に出さないその思いを、
どうしたら叶えてあげられるのか、
そこがずっと頭の中で引っ掛かっていたのです。



昨日の夜、そのことをスッと
さりげなく注意していただいて、
「やっぱり」という思いと共に、


どうしたら夫の秘めた思いを叶えてあげられるのか、
きちんと考えていかなくてはいけないと、
大きな課題が目の前に現れました。



さて、どうしたものか?



昨日の夜は考えても良案が浮かばず、
ひとまずは夫婦共通の夢を叶えるために、
今はただひたむきに努力しようと
自分に言い聞かせて眠りました。



この課題が、
私達夫婦の新たな人生のテーマになりそうです。



あなたの応援が更新の励みになります!
↓ポチッとすると今の順位が分かります^^
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

↓こっちは何位かな?^^

人気ブログランキングへ

ピーチクパーチクつぶやいています!
お気軽にフォローしてくださいな^^
【ともみのTwitter】

猫バカ全開です!^^;
【ともみのInstagram】


テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。